SBI証券の口座開設の流れと取り扱い商品別手数料

家来
SBI証券は、2018年オリコン日本顧客満足度ランキング、口座開設400万超、NISA口座開設100万超がすべてネット証券No.1!

個人売買代金シェアNo.1の国内株式はもちろん、債券・FX・投資信託と豊富な商品ラインナップで自分に合った資産運用が可能です。

とくに国内株式の少額の現物取引手数料が2017年12月より値下げと、業界屈指の格安手数料がさらにお得になり、手数料を気にせず気軽に株式投資が始められます。

またお金を預けるだけで、ノーベル賞受賞理論をもとに開発された金融アルゴリズムでロボットが代わりに資産運用を行うロボアドバイザーなら、高度な知識がなく投資に不安を感じている初心者の方でも安心です。

IPOも、業界トップクラスの取扱い銘柄数に加え、たとえ落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので当選のチャンスが広がりおすすめです。

株主優待目的などこれから投資を始めようという初心者から、他の投資にも挑戦してみたい資産運用のベテランまで、最も選ばれて信頼度抜群のSBI証券は絶対に外せない証券会社の一つです。

SBI証券のここがオススメ!

  • 業界トップクラスの格安手数料で口座開設ネット証券No.1
  • 国内株をはじめ投資信託やFXなど豊富な商品ラインナップ
  • 業界トップクラスのIPO取扱い銘柄数、落選してもIPOチャレンジポイントで当選確率UP
  • 資産運用の高度な知識が必要なく初心者におすすめ、ロボットが自動で資産運用を行うロボアドバイザー
  • 情報収集から発注までを一貫して行うことができるトレーディングツール「HYPER SBI」で投資機会を逃さずスピーディーな取引が可能

業界最低水準を誇る格安手数料

モバイル端末取引を含むインターネット取引には、取引金額やスタイルによって2つのプランから選択できます。

スタンダードプラン 1注文の約定金額に応じて手数料が決まります
アクティブプラン 1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まります

例えば1日の約定合計金額に応じて手数料が決まるアクティブプランなら、2017年8月31日約定分より、10万円以下の手数料が無料となりさらにお得になりました。

しかも、現物取引と信用取引の約定代金は別々に計算されるため、1日で現物10万円+信用10万円の計20万円を取引した場合でも手数料は無料です。

【10万円以下で買付可能な銘柄】

全3,724銘柄(2017年8月17日時点、ETFETNは除く)のうち、約30%1,120銘柄が買付可能!

さらに、その約26%287銘柄株主優待銘柄です。

スタンダードプランも、国内株式の取引をすればするほど、現金や商品、T-POINTやnanaco(ナナコポイント)に交換できるSBIポイントが貯まるのでおすすめです。

また、2017年12月22日約定分より、1注文あたり5万円以下の手数料の新設に、50万円以下の取引手数料が値下げとなるなど、少額取引がさらにお得に。

業界トップクラスの格安手数料を誇るSBI証券なら、手数料を気にせず、気軽に株式投資が始められるでしょう。

国内株式インターネット取引、スタンダードプラン・現物取引手数料

1注文の約定代金 手数料
5万円以下 50円(54円)
5万円超10万円以下 90円(97円)
10万円超20万円以下 105円(113円)
20万円超50万円以下 250円(270円)
50万円超100万円以下 487円(525円)
100万円超150万円以下 582円(628円)
150万円超3,000万円以下 921円(994円)
3,000万円超 973円(1,050円)
  • カッコ内は税込となります
  • 1注文の約定に対して課金されるため、約定がなければ手数料は掛かりません
  • 単元未満株は対象となりません
  • 指値成行などの区分や執行条件にかかわらず、同じ手数料体系となっています

スタンダードプラン(現物取引)はこんなにもお得

2017年12月22日約定分より、1注文の約定代金が50万円以下の手数料が以下のとおり値下げとなりました。

1注文の約定代金 新手数料 旧手数料
5万円以下(新設) 50円(54円) 139円(150円)
5万円超10万円以下 90円(97円)
10万円超20万円以下 105円(113円) 185円(199円)
20万円超50万円以下 250円(270円) 272円(293円)

また取引すればするほどT-POINTなど各種ポイントや現金、商品と交換できるSBIポイントが貯まります。

SBIポイント株式会社が運営するポイントサイトにて提供されるポイントサービスのことで、取引実績等に応じてSBIポイントを獲得できます。

  • 手数料の月間合計金額に対し1.1%相当のポイントが付与されます。
  • 端数は切り上げとなり、PTS取引は約定日ベースで対象となります。
  • アクティブプラン、信用取引、単元未満株(S株)、コールセンター経由の注文ほか、インターネットコース以外のコースはすべて対象外です。
  • 別の手数料キャッシュバックキャンペーン対象となる取引手数料は、計算対象外です。
  • ポイントは原則翌月10日に付与され、休日の場合は翌営業日となります。

【計算例:月間合計手数料→付与されるSBIポイント】

1,407円(税抜)→16ポイント(16円相当)

13,380円(税抜)→148ポイント(148円相当)

国内株式インターネット取引、アクティブプラン・現物取引手数料

1日の約定代金合計額 手数料
10万円以下 0円
10万円超20万円以下 191円(206円)
20万円超30万円以下 286円(308円)
30万円超50万円以下 429円(463円)
50万円超100万円以下 762円(822円)
100万円超(100万円増加ごとに加算) 400円(432円)ずつ加算
  • カッコ内は税込となります
  • 約定の回数は関係なく、1日の約定合計金額に応じて手数料が決まり、約定がなければ手数料は掛かりません
  • 単元未満株は対象となりません
  • 指値成行などの区分や執行条件にかかわらず、同じ手数料体系となっています

【アクティブプラン・手数料処理の流れ】

アクティブプランは1日の約定合計金額に応じて手数料が決まりますが、複数回取引を行っている場合は以下のような流れで手数料分が買付余力より拘束されます。

  1. まずは1注文当たりの見積もり約定金額に応じて、買付余力拘束金額を手数料分として一旦買付余力から差し引かれます
  2. 1注文当たりの見積もり約定金額 買付余力拘束金額(手数料分)
    10万円以下 239円(258円)
    10万円超50万円以下 477円(515円)
    50万円超100万円以下 877円(947円)
    100万円超(100万円増加ごとに加算) 400円(432円)ずつ加算
    • カッコ内は税込となります
  3. 約定するたびに再計算がおこなわれ、暫定的に手数料分が買付余力から差し引かれます
  4. 1日の約定代金合計 買付余力拘束金額(手数料分) 本来のアクティブプラン手数料
    10万円以下 239円(258円) 0円
    10万円超50万円以下 477円(515円) 239円(258円)
    50万円超100万円以下 877円(947円) 477円(515円)
    100万円超(100万円増加ごとに加算) 400円(432円)ずつ加算 400円(432円)ずつ加算
    • カッコ内は税込となります
    • 本来のアクティブプラン手数料の1段階上の金額が暫定的に差し引かれます
    • 手数料無料条件が適用されている方は、1注文当たりの発注株数すべて約定か失効する段階で、買付余力拘束金額が買付余力に戻ります
  5. 本来のアクティブプラン手数料体系に基づき、正確な受け渡し代金を反映
  6. 翌日の朝未明に、各取引に対し本来のアクティブプラン手数料体系に基づく手数料を、約定代金に応じて加重平均した正確な受渡代金が反映されます。

    暫定的に拘束された買付余力の拘束金額と、実際のアクティブプラン手数料と差が発生した場合、差額分が買付余力に戻されます。

  7. 取引報告書の交付
  8. 各取引に約定代金に応じて加重平均した正確な受渡代金の取引報告書が、約定日の翌営業日に交付されます。

    Webサイトの約定履歴でも、約定日翌日以降に確認できます。

その他取引、国内株式・現物取引手数料

【コールセンター・国内株式現物取引手数料】

1注文の約定代金 手数料
50万円以下 2,000円(2,160円)
50万円超100万円以下 3,600円(3,888円)
100万円超150万円以下 4,400円(4,752円)
150万円超 6,400円(6,912円)
  • カッコ内は税込となります
  • 1注文の約定に対して課金されるため、約定がなければ手数料は掛かりません
  • 単元未満株は対象となりません
  • 指値成行などの区分や執行条件にかかわらず、同じ手数料体系となっています
  • 1つの注文が複数に分かれて約定した場合、1注文1約定として手数料が計算されます

【単元未満株(S株)・国内株式現物取引手数料】

1注文の約定代金に対し、約定代金×0.500%(税込0.540%)が手数料となります。

ただし、最低手数料50円(税込54円)は必ず掛かります。

【例】
S株(4,000円)×1株の場合、4,000円×0.500%は20円となりますが、実際は最低手数料が必要となり、手数料は50円(税込54円)となります。

※コールセンターでの取引は、約定代金×6%(税込6.48%)最低手数料2,000円(税込2,160円)となります。

売却の約定代金が最低手数料(税込)未満の場合は、全額が手数料(税込)となり、受渡代金は0円です。

インターネット取引、国内株式・信用取引手数料

インターネット・モバイル端末による信用取引も、現物取引と同じく取引金額やスタイルによって2つのプランから選択できます。

2017年12月22日約定分より、スタンダードプランの手数料が値下げされ、さらにお得になりました。

スタンダードプラン 1注文の約定金額に応じて手数料が決まります
アクティブプラン 1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まります

【スタンダードプラン・信用取引手数料】

1注文の約定代金 手数料
10万円以下 90円(97円)
10万円超20万円以下 135円(145円)
20万円超50万円以下 180円(194円)
50万円超 350円(378円)
  • カッコ内は税込となります
  • 1注文の約定に対して課金されるため、約定がなければ手数料は掛かりません
  • 指値成行などの区分や執行条件にかかわらず、同じ手数料体系となっています
  • 上記表の手数料は、「約定日の前営業日の未決済建玉の建玉代金合計」または「約定日の前営業日の新規建約定代金合計」が5,000万円未満のものです
  • 一定の条件を満たすと大口信用取引として、翌営業日の信用取引手数料が0円になります。⇒詳しくはこちら

スタンダードプラン(信用取引)の手数料がお得に

2017年12月22日約定分より、手数料が以下のとおり値下げとなりました。

1注文の約定代金 新手数料 旧手数料
10万円以下 90円(97円) 95円(102円)
10万円超20万円以下 135円(145円) 140円(151円)
20万円超50万円以下 180円(194円) 190円(205円)
50万円超 350円(378円) 360円(388円)

【アクティブプラン・信用取引手数料】

1日の約定代金合計額 手数料
10万円以下 0円
10万円超50万円以下 239円(258円)
50万円超100万円以下 477円(515円)
100万円超(100万円増加ごとに加算) 400円(432円)ずつ加算
  • カッコ内は税込となります
  • 約定の回数は関係なく、1日の約定合計金額に応じて手数料が決まり、約定がなければ手数料は掛かりません
  • 指値成行などの区分や執行条件にかかわらず、同じ手数料体系となっています
  • コールセンターでの注文は対象外です
  • 上記表の手数料は、「約定日の前営業日の未決済建玉の建玉代金合計」または「約定日の前営業日の新規建約定代金合計」が5,000万円未満のものです
  • 一定の条件を満たすと大口信用取引として、翌営業日の信用取引手数料が0円になります。⇒詳しくはこちら

大口信用取引について

ある一定の条件を満たした場合、翌営業日約定分の信用取引手数料が0円になるため、コスト削減によって、より資金効率の高い信用取引を行うことが可能です。

無料条件の適用判定は、それぞれ各営業日の大引後に実施されます。

大口信用取引の条件は以下のとおりです。

【大口信用取引の条件】

  1. 信用取引の未決済建玉金額合計が5,000万円以上
  2. 信用取引の当日約定分の新規建(買建売建)約定代金合計が5,000万円以上

※上記いずれかの条件を満たした場合、翌営業日約定分の信用取引手数料が0円となります。

ただし①には、反対売買による決済約定済建玉や現引現渡しによる決済約定済建玉は含まれません。

また②で、新規建された建玉を日計り決済した場合、新規建分の約定代金については新規建約定代金に含まれます。

手数料プランの変更方法と適用タイミング

1日に1回手数料プランの選択または変更が可能です。

変更手続きを行った時間によって、適用タイミングが異なりますから注意してください。

変更完了前に発注した未約定注文は、変更前の手数料プランが適用となります。

そのため、変更後の手数料プランを適用したい場合は、いったん未約定注文を取り消して、変更後に再度発注する必要があります。

手数料プランの変更方法

以下は、「スタンダードプラン」から「アクティブプラン」に変更する場合を例としています。

  1. 「お客様情報設定・変更」⇒「お取引関連・口座情報」

  2. 「国内株式手数料プラン」⇒「変更」

  3. 現在と変更後の手数料プランや注意事項を確認し、「変更する」ボタンを押す

  4. 「確認して申し込む」ボタンを押すと完了
※申し込みを取り消したい場合

  1. 「国内株式手数料プラン」の「申込取消」を選択
  2. 内容を確認し、「申込取消」ボタンを押す

手数料の変更適用タイミング

変更手続き 適用タイミング
月~金の各曜日(0時0分~23時29分) 翌日0時0分より適用
土・日曜日 翌週火曜日より適用
  • 23時30分から0時0分までの間はメンテナンス中です。
  • 祝日に手続きした場合は、翌営業日の翌日0時0分より適用となります。
    (月曜日の祝日に手続きした場合、翌営業日が火曜日であれば水曜日の0時0分より適用)

IPO(新規上場株式)申し込みの流れとIPOチャレンジポイントについて

IPO(新規上場株式)は、上場時の株価(初値)が売出価格(購入価格)よりも大きく値上がりすることが多いので非常に人気が高いです。

もちろんすべての企業が値上がりするわけではないですが、人気のある企業のIPOであれば、株価が2、3倍になるなんてことも珍しくないので誰もが欲しいと思うのは当然ではないでしょうか。

しかしIPOは、抽選で当たらなければ購入できません。

宝くじのように、当たればラッキーという感じでしょうか。

宝くじと違う点は、落選したからといって1円も払う必要はなく損失がないことです。

なので、IPOの取扱い銘柄数が多ければ多いほど、当選するチャンスが広がるわけです。

SBI証券は、たとえ落選してもIPOチャレンジポイントが貰えます。

配分される30%はそのポイント数によって割り当てとなるので、ポイントを貯めていけば狙った銘柄の当選確率もUPできます。

他の証券会社と比べてもIPOの取扱い銘柄が多く、IPOチャレンジポイントで次回以降の当選確率を上げられるSBI証券は、IPOを申し込むなら絶対に外せません。

⇒IPOチャレンジポイントやIPO申し込みの流れなど、SBI証券のさらに詳しいIPO情報はこちら

⇒財テクキングダムの戦略会議でも、IPOの魅力や注意点についてさまざまな報告しています。

ロボアドバイザー、WealthNavi(ウェルスナビ)、THEO(テオ)とは

ロボアドバイザーとは、ロボットがあなたにかわり、自動で資産運用するサービスのこと。

お金を預けるだけで、金融のプロ集団が理念に基づき開発を行ったアルゴリズム(プログラム)によって、一人ひとりに合った配分を定期的に自動で調整してくれます。

資産運用に必要な高度な知識も時間も必要なし、手軽に資産運用が始められます。

SBI証券のロボアドバイザーには、WealthNavi(ウェルスナビ)のほかに、2017年7月26日よりサービスを開始したTHEO(テオ)の2種類があります。

ロボアドバイザー、サービスの比較

項目 WealthNavi(ウェルスナビ) THEO(テオ)
運用開始方法 口座へ入金後、簡単な質問に答えてリスク許容度の設定を行う 口座へ入金後、簡単な質問に答えて投資運用目的の設定を行う。
最低投資額 30万円 1万円
自動積立 1万円以上1円単位 1万円以上1,000円単位
取り扱い銘柄数 6~7銘柄 30~40銘柄
自動税金最適化機能(DeTAX)
【共通事項】

  • 投資対象は海外ETFで、リスク許容度、投資運用目的に合わせて運用方針を決定し自動運用します。
  • 手数料は3,000万円までは年率1.0%(税抜)、3,000万円を超える部分は年率0.5%(税抜)。
  • 運用を開始するには、SBI証券の証券総合口座を開設後、各ロボアドバイザー口座の開設も必要となります。
  • 家計簿アプリ(マネーフォワード)と連携しています。

WealthNavi(ウェルスナビ) for SBI証券の魅力とは

2016年1月のサービス開始から、わずか5か月半で残高100億円突破、さらに2017年7月現在1万口座を突破しています。

始め方は簡単!
ロボアドバイザー口座にログインして目標金額とリスク許容度を設定するだけ、入金が完了していれば運用が開始されます。

米国に上場されているすべてのETF(上場投資信託)の中から厳選された銘柄のみ採用。

最長でも6か月、ほか入出金や資産クラスが5%かい離した際に、ノーベル賞受賞理論をもとに開発された金融アルゴリズムによって投資配分の見直し(リバランス)を行い、リスクを抑えながら最大リターンを狙います。

運用開始から約1年4か月でプラス14%の運用実績(リスク許容度3のポートフォリオに100万円投資、翌日から毎月3万円を積み立てた場合。将来の運用成果を保証するものではないのでご注意ください)。

※お客様とウェルスナビ株式会社との間で締結した投資一任契約に基づき、お客様に代わって管理運用を行うサービスです。

  • わずか2ステップで運用開始、目標金額とリスク許容度を設定して資金を準備するだけ
  • 米国に上場されているETFの中から、厳選された7銘柄のみを採用
  • ノーベル賞受賞理論をもとに開発された金融アルゴリズムで、ローリスクハイリターンを狙える
  • 自動税金最適化(DeTAX)機能を搭載、投資配分の構成を維持したまま税負担を繰り延べできる可能性あり(一定の条件が満たされた際に適用)

THEO+(テオプラス)SBI証券の魅力とは

画家ゴッホの弟、テオドール・ヴァン・ゴッホから名づけられたTHEO(テオ)。

名前には、お金に関する将来の不安を希望に変えることで、自分らしく挑戦していく方への応援の気持ちが込められています。

難しい知識は必要なし、専用口座に入金して、投資運用目的の簡単な質問に答えるだけでOK。

あとはTHEO(テオ)が231通りの投資パターンの中から最適なものを、自分に代わって自動で運用します。

※お客様と株式会社『お金のデザイン』間で締結した投資一任契約に基づいて、お客様に代わって管理運用を行うサービスです。

  • 眠っているお金を国際分散投資で簡単運用、預金に代わる新しい選択肢
  • 満足度(満足できる)は全体の約88%(株式会社『お金のデザイン』実施の調査による)
  • 優秀な運用実績、75.6%の方が+6%以上のリターン、元本割れは8.4%
    (過去半年以上、継続運用した方の運用成績、将来の投資収益の示唆や保証するものではないのでご注意ください)
  • 入出金時と原則毎月の自動リバランスで、最適なポートフォリオを保つ

個人型確定拠出年金(iDeCo)

従来の確定給付型の年金に加えて新たに導入されたのが確定拠出年金制度です。

加入者自身が資産を運用するため、将来支給される年金額は運用成績によって変わります。

原則60歳から年金または一時金として受け取り可能です。

自らの意思で加入し掛金を拠出する個人型確定拠出年金と、事業主が導入して掛金を拠出する企業型確定拠出年金に分かれています。

個人型確定拠出年金(iDeco)には3つのメリットがあります。

  1. 積み立てた掛金全額が所得控除の対象のため支払う税額が少なくなる
  2. 通常は課税対象の株や投資信託から得た利益が非課税でお得
  3. 確定拠出年金法の制度改正により、確定給付型年金制度があるサラリーマンのほか公務員や専業主婦(主夫)が、2017年1月から新たに加入対象者となり税制面の優遇が受けられるようになりました

選ぶならSBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)

  • 残高に関係なく運用管理手数料が無料
  • 国内外問わず株式や債券、不動産など豊富な運用商品ラインナップ
  • 維持費である信託報酬が低い商品が充実、長期投資でも低コストで運用可能